加齢と共に

フェイシャルエステ

加齢とともに、鼻から口の両脇に出来るほうれい線が気になる人は、かなり多いものです。お手頃な価格でこのほうれい線を消す、あるいは目立たなくする場合には、アンチエイジングの化粧品がお勧めです。もちろん自己流でお手入れするのではなく、その化粧品の使用方法に従って使うようにしましょう。 しかし化粧品でも効果が感じられないとか、あるいは年齢を重ねてよりはっきり目立つようになった、そのような場合には、クリニックでほうれい線を消すのがやはりいいでしょう。この場合も方法は様々ですが、一番お手軽なのは、ヒアルロン酸を注射することでほうれい線を消すやり方です。それ以外にも、本格的に手術をしてほうれい線を消す、あるいは目立たなくするということも可能です。

それでは、ほうれい線を消すためのアイテムや手術というのは、どのくらいの相場がかかるものなのでしょうか。まず化粧品ですが、これは千差万別です。セルフコスメですと数千円で購入できるものもありますし、高級品になると10万円を超えるクリームなどもあります。もちろん相性もありますので、使ってみないと何とも言えませんが、高価なものであるほど、有効成分が高い割合で配合されている傾向があります。 クリニックでほうれい線を消す場合は、注射で大体数万円程度ですが、これはクリニックによって差があります。手術の場合は、リフトアップだと20万円程度はかかります。それ以外にも大手のクリニックなどで、コースを設けて段階的に治療して行く方法がありますが、この場合は100万円ほどかかることも珍しくはありません。