老け顔に見られる

明るくなった肌

ほうれい線が顔にあると、老け顔に見られてしまいます。ですから、多くの女性は顔にほうれい線ができないように色々とケアを行っています。 ほうれい線ができる主な原因は、紫外線によるものです。紫外線を浴びると、肌のハリを保つコラーゲンが破壊されます。そのため、肌にハリや弾力が失われてたるんでしまいます。また、肌の水分は紫外線を浴びると減少していきます。水分が減るとしわは増えていき、ほうれい線が目立つようになってしまいます。 その他のほうれい線ができる原因は、パソコンやテレビをずっと見ていることが挙げられます。基本的に、パソコンを長時間行うと、顔の筋肉をほとんど使いません。よって、顔の表情筋が硬くなり、筋肉がどんどん低下していきます。それが、たるみを引き起こすことで、ほうれい線ができます。

美容外科では、ほうれい線を消す施術としてヒアルロン酸注入が人気です。このヒアルロン酸注入とは、ほうれい線の気になる部分にヒアルロン酸を注入する施術です。そうすることで、シワのある皮膚にボリュームを持たせ、リフトアップができます。その結果、深く皮膚についたシワを消すことができます。この施術のメリットは、治療後もすぐにメイクができることです。なので、仕事帰りや買い物帰りに気軽に治療を受けることができます。 シワを消すための施術は、最初は1ヶ月に1回のペースで3回注入します。それで、ヒアルロン酸の定着率をアップさせて確実にシワを消すことができます。その後は、1年に1回注入することで、より効果を持続させられます。